金沢市小学生陸上教室

  金沢市陸上競技協会主催,金沢市体育協会後援の小学生3~6年生を対象にした陸上教室です。平成4年(1992年)に設立された歴史ある陸上教室です。小学校段階において,基礎体力の向上を図り,陸上競技の基本的技能を習得し高めるとともに,大会や記録会に参加していっそうの体力技能向上を図ることを目的としています。

  昨年(2016年)度末までの歴史についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

練習会や大会・記録会について

定例練習会(年間約30回)

 土曜日の午前は主として金沢市営陸上競技場で定例練習会を行います。

 県営陸上競技場や犀川河川敷になる場合もあります。

特別練習(年間約90回)

 定例練習会の他に,日曜夕方と火曜夕方に市営陸上競技場で,水曜夕方に県営陸上競技場で,1時間30分の自由参加練習を行っています。(毎週必ずというわけではありません)

 大会・記録会は土曜日または日曜日に行われます。金沢市小学生陸上記録会,金沢市小学生陸上大会(記録上位者は石川県大会や全国大会へ),クラブ対抗,駅伝大会などに参加し,自分の記録向上を狙っていきます。


教室生とスタッフについて

現在,市内外40校から68人の子が集まっています。

 金沢市記録会,金沢市大会,クラブ対抗などに参加して,記録に挑戦しています。上位入賞者は県大会,全国大会へと出場できます。2023年は7人が全国大会に出場しました。

 中学・高校・大学・社会人と競技を続けている卒業生もたくさんいます。

 指導者は金沢市陸上競技協会会員であり,日本陸連公認コーチ,ジュニアコーチの有資格者も指導にあたっています。元・現教職員もいます。

 


練習内容

練習内容は,短距離走,リレー,走り幅跳び,走り高跳び,ハードル走,中長距離走などの種目練習の他,基本の動きづくり,体操やゲームによる体力づくりです。