連合体育大会エキシビションリレー参加希望の6年生へ

 17人の希望がありました。「リレーの模範となりたい」と希望する子がたくさんいてうれしく思います。

 しかし,全員出るわけにはいかないし,何しろ「模範」ですから,「バトンの受け渡し」が上手なことが最低条件です。

 こんなにたくさん自信のある子がいるので,これまでの練習の成果をみてみたいです。

 ちょうどいい機会です。

 

  以下のように,選考しますね。

①正しいバトンの受け手ができるか? → 手のひらが渡し手の方に向いているか,腕が肩の位置まで上げっているかなど

②正しくバトンを渡せるか? → 水平に押し込んでいるか,「ハイ!」と大きなかけ声をかけているかなど

③すばやくリードダッシュができているか → 素早いスタート,鋭い加速,正しい足の向きなど

④走力 → 7月末の100m走の最高タイム

 

 それから,この間の犀川河川敷での練習の時に次のような話をしましたね。

 「今年の6年生の中で,リレー選手を放課後集めて,正しいバトンタッチを友だちに教えている子がいる。(感染対策に気をつけることを紙に書いて校長先生に練習許可をとっている)」最高学年らしい,すばらしい話ですね。

 これまで何回も「陸上教室で勉強したことを学校の体育の中で,友だちに教え広めてほしい」と言ってきましたが,ちゃんとこのように実践できているのですね。感心します。

 リレーは,自分だけが上手になってはいけませんね。みんなで協力して教え合うことが大切です。

 また,教えることによって自分の技能もアップします。

 ⑤参考までに,学校で陸上教室で勉強していることを生かしているか聞きますね。

 

 7月10日(土)の定例練習会で①~③を見て,⑤について聞きます。楽しみにしています。監督野村泰裕

 

以下は7月2日のお知らせ

9月28日(火)に6年生の連合体育大会が行われます。(予備日29日)

今年は西部緑地公園陸上競技場だそうです。

その昼休みに陸上競技エキシビションがあって,大学生がハードルや走幅跳や走高跳,やり投げなどの模範演技を行います。

最後に,小学生のリレーチームと大学生チームとの対抗戦を行います。毎年,金沢市小学生陸上教室の6年生が参加しています。

今年も「3チーム,陸上教室から出て欲しい」とお願いがありました。

以下のように募集します。

・3チームですから,12人です。男女リレーになるか,混合リレーになるか,希望者をみて判断します。

・「走る速さ」「正しい走り方」はもちろんのこと,「見本」ですから,「バトンの受け渡し」が上手でなければいけません。

・3チームの走力を同じにして,大学生より10数秒前にスタートして,大学生とほぼ同着になるようにします。

・昼休みに小学生が昼食を食べている時に行います。

 したがって,学校の友だちと一緒に弁当を食べる時間はありません。

 午後の空いた時間に食べます。

・学校の体操服の他に,ユニフォームやスパイクを持ってくる必要があります。

・午前中の学校対抗リレーが終わったら,更衣室でユニフォームに着替えて,スパイクを持ってリレーのスタート地点に集まります。

 バトンやマーキングテープは野村が持っていきます。

・参加希望者は7月3日(土)の練習会に申し出てください。