一年間の最終目標=卒業・継続条件と来年度の方針(案)

 陸上教室では毎年2月に「継続テスト」をしています。

 年のはじめに内容を話しておいた方が、最終の目標が見えていいと思います。

 

 次年度も継続して入室を希望する子については「陸上競技に興味を持ち、この一年間で,何を学び,どのように上達したか。楽しく体を動かすことができたか」ということをはっきりと自覚できていて,意欲のある子についてのみ継続を許可することとしています。

 「陸上競技にあまり興味がない。今日は何を練習したのか分からない、自分に力がついたかどうか分からない。自分の記録も覚えていない」という子はご遠慮いただいています。

 

そのために、継続して陸上教室に参加したい子は

①陸上競技に興味を持って,進んで練習に参加できたか

②自分の記録に挑戦することが楽しみになったか

③友だちと励まし合ったり,協力したりして,まじめに練習ができたか。

④コーチのいう練習(動き)の目的がわかって,頭をつかって練習できたか。

などをよく考えてから,継続参加を受け付けています。

今年度はこれに1つ付け足します。

⑤100m、1000m、走幅跳、ジャベリックボール投の4種目に挑戦し、記録を持っていることにします。6年生も同様です。

 

その4種目の記録を修了式に授与する修了証にのせます。

記録はできるだけ大会や記録会の公認記録としてください。しかし、走幅跳で2m先の砂場に着地することができない子もいますので、どうしても無理な子は踏み切りを前にしてはかってあげます。

 

2月の継続面接テストは次の6点で行う予定です。

    あいさつ(「学校名」「名前」「来年度も継続お願いします」と言えること)

  ②土曜日の定例練習会の参加回数(出席簿を見たら分かります)、特別練習の参加回数(1月に出します)は何回ですか?

  今年の100m、1000m、走幅跳、ジャベリックボール投のベスト記録を言ってください。

 (下は省略してもよい。例:100m18秒3,1000m4分35秒,走幅跳2m60,ジャベ25m)

④「来年も絶対に陸上教室を続けたい理由」を言ってください。

 来年の目標(挑戦したいこと,身につけたい動きなど)

   ⑥その他の質問 以下の中からいくつか質問します。

   ・陸上教室の準備体操をすることによって、やわらかくなる体の部分はどこですか?

   ・はしごラダーでジャンプしたり,ステップを踏む時に気をつけることは何ですか?

   ・100mのスタートで大事なことは何ですか?

   ・リレーの時、バトンを受ける手はどのようにすると,前の走者は渡しやすいですか?

   ・ジャベリックボールを遠くに投げるためのコツは何ですか?

   ・学校の休み時間では何をして遊んでいますか?

   ・ふだんの生活の中で、自分の体力づくりで気をつけていることは何ですか?

 

 6年生(卒業生)の卒業面接試験内容(3月18日(土)9時からスタンドにて)

   あいさつ(自分で考える)

②土曜日の定例練習会の参加回数、特別練習の参加回数は何回ですか?

 ③「これはがんばったなあ」と思う種目は何ですか?また,そのベスト記録は?(ハードルやリレーなども含む)

 ④陸上教室で,心に残る学んだことや楽しかったことや努力したことなど一つと,その理由を言ってください。

 ⑤最後のあいさつ(自分で考える)  

  ①~⑤を言い終えたら,今年度の記録集を渡します。

 

 来年度の方針

  新規生は4年生からとします。(現在2年生の子は大丈夫です)

  6年生はキャプテンまたはリーダー、副リーダー,ミニ・コーチに必ずなってください。

  土曜日の定例練習会にはほぼ参加してください。(ただし学校PTA行事などは優先)

  特別練習に月に1回以上、参加してください。(特別練習券10回を年度初めに渡します)

  陸上教室でつちかった体力や自信が,学校生活や遊びなどに生かせるようにしてください。

  金沢市陸協主催の市記録会(3回)、市大会、ジュニアスポーツテストは必ず参加してください。(ただし学校PTA行事などは優先)

  100m、1000m、走幅跳、ジャベリックボール投の記録を必ず残してください。

  

  保護者の方は,年に一度は記録会(5月,9月)の補助をお願いします。砂場ならしやジャベリックボール拾いなど,大勢ですればごく短時間の交代制にできます。  

 

9月22日変更加筆(このあともあると思います)